合宿最終日

運営の村木です。

 

9/13は合宿最終日!

Usterem配信はご覧になったでしょうか?

 

10日間、参加者全員が投げ出さず、やり遂げました。

そして、3チームの中から栄えある

 

優勝は!

 

 

チーム「すいふとっ!」

8R6A5450

 

アプリのタイトルは「しっきー」

開発のときデザインを凝っていて、こだわりをみせていたので

発表の際のプレゼンも楽しかったです。

 

また、どのチームもアイデアや機能、デザインも含めて良いものでした!

だからこそ審査の際、激戦でした。

 

デザイニウムの社長から講評と賞状の贈呈がありました。

DSC04313

 

審査員としても来てくださった蒔絵体験の際お世話になった

山内さんから、参加者の作成したお椀も届き

「絶対使う!」

「かっこいい!!」

など声が上がりました。
2014-09-13 12.04.22

これも個性あふれる作品の一つです。

 

 

そして最後はみんなで記念撮影をしました。

DSC04318

 

参加者のみなさん、メンターのみなさんお疲れ様です。

 

結果も大切ですが、この10日間楽しんでもらえたので

この合宿を開催してよかったです!

 

今回のそれぞれのアプリ、最後までできなかったところがほとんどなので、

ぜひ完成まで開発をしてほしいですね!

 

合宿9日目

2014-09-12 12.43.27

運営の村木です。トップ画像は制作の会場となった大学の朝の風景です。

気温もちょうどよく、涼しい風が部屋に入ってきて制作のしやすい一日でした。

 

朝は制作

制作最終日ということもあって、すこし疲れが全体に見えました。

終盤にさしかかって、徐々に作品として見え始めてます。

毎日見てきたので完成が待ち遠しいくらいワクワクします!

 

2014-09-12 12.05.46

 

昼はプレゼン作成

メンター田中くん、林さんがプレゼンの作成の注意点や工夫の仕方を伝授しました。

田中くんはLT形式でしており、場慣れしているようにお話していて参加者は聞き入ってました。

2014-09-12 13.51.27

 

林さんのプレゼンも、わかりやすく資料を上手く使っていてこれも参加者はわかりやすかったようです。

2014-09-12 13.57.39

 

夕方に社員さん

3人の社員さんが様子を見に来てくださいました!

それぞれがお話したり、メンター田中くんがいじられたりと、少し重くなりつつあった空気が

一瞬で明るくなりました。ありがとうございます!!

2014-09-12 16.33.58

 

去年の参加者

夕食前に去年の合宿に参加してくれた倉戸さんが差し入れを持ってきてくれました。

女の子が来たことで参加者のやる気が上がって、華があるのはいいことだ!と実感できました。笑

2014-09-12 18.15.33   2014-09-12 18.16.07

 

 

明日はいよいよ成果発表!

どんな作品に仕上がったのか待ち遠しいです。

下記URLのUstreamでも配信しますので、来れない方もそちらでご参加ください。

http://www.ustream.tv/channel/swiftcampinaizu

合宿8日目

68078

運営の永山です。今日のトップを飾るのは合宿参加者の一人の大森亮佑(Ryosuke Omori)くん、かつ彼はデザイニウムのインターン生です。すこし抜けているところもありますが、開発になると取り組む姿勢は真剣そのものであり、成果発表が楽しみです。

合宿8日目になりますが、主な内容としては

ず〜っと、開発です。

kaihatu
開発

(いい感じ!)

僕がこの開発初日〜今日にかけて感じることはみんなの成長スピードのはやいということです。技術サポーターの方への質問の内容自ら調べ問題を解決しようとする力が当初と比べるとみんなレベルアップしています!1番の理由としては開発が好きだから!これに限るでしょう。ということで今日も変わりなくひたすら一日中、Swift開発をしていた参加者でした。
残るところ開発ができるのは明日あと1日です。そして明後日の9月13日は成果発表ですので、お楽しみに!!

と、、、これで記事が終わるのは怒られてしまうので技術サポーターさんについて少し紹介をしつつ、合宿で行なう上で気づいたこと逆に学んだこと、心がけていることなどをインタビューしてみました。技術サポーターには主に3人つまり、御三家が存在します。

紹介 &  interview.

まず、水タイプ林さんです。

hayasi2
hayashi

紹介)
デザイニウムのインターン部長であり、とても優しいですが時には大森くんに厳しい頼もしい部長です笑 主にウェブ開発をしていて、プログラムの知識は豊富で参加者にはプログラムを書くコツ、ノウハウの提供、もちろんSwiftの技術サポートをしています。

interview)
心がけていることは、参加者側からの質問を受けたときに自分の回答がアプリに直接反映するので、しっかりとした考えを述べなくてならないでsy。また、アプリがただ動くだけのアドバイスだけではなくプログラミングとしての「正しい」回答をすることが難しい。

次に草タイプ田中くんです。

tanaka2
tanaka

紹介)
とうとう、田中にも合宿の疲れのせいかバグが出始めたようですね・・・・笑 ですが、去年開催された「会津合宿2013」の参加者で見事優勝した実力者です。おもにIOS開発をしていて、何事にも積極的で今年の「会津Swif合宿」のサポーターとして来てくれて、運営には欠かせないメンバーです。※趣味は、太極拳です。

interview)
参加者に技術のサポートをする際には、ただ教えるだけではなく手順を踏んでふむように気をつけています。具体的にエラー文や求めている処理に関するワードを参加者自身で検索させること、それでも分からない場合は一緒に検索をして解決策を見つるなどの手順を踏むこと。参加者側に開発の流れを理解させ、開発とはどういうものなのかを慣れさせ考えさせることが大切!

最後に炎タイプ岡本さんです。

okamoto
okamoto

紹介)
インターン生の中でも一番経歴が長いです。見た目からは考えられないですが、とても真面目であり一番IOS開発の経験が長くSwiftに関して様々なことを知っていて、とても頼りになるお兄さんです。

interview)
参加者には、合宿中にガンガン僕たち技術サポーターを使って欲しい!そのためにも参加者側が聞き易いような雰囲気つまり環境づくりを大切に考えています。また、教える立場になることによって新たに気付くことがあり自分にとっても良い時間を過ごせて、教えることがめっちゃ楽しい

※ちなみに、僕も一応技術サポートをする時があるので気をつけていることは、参加者により分かり易くアイディアを伝えることです。具体的に紙に書いて説明するなど物を利用して少しでも理解してもらえるよう努力しています。(ちなみに僕はノーマルタイプです)

まとめ.

この3人に合宿でサポーターとして、心がけている所などをインタビューしてみて

  • 参加者と同じくらい合宿を楽しんでいること
  • 参加者側から様々なことを学ぶ機会があること
  • 参加者の成長スピードがはやいのは、3人のサポーターの努力があること

の3つを強 く感じました!合宿は参加者だけでなくサポーターにも良い機会となっていて、みんなが多くのことを学ぶことができる場になっています。

以上、永山でした。ここまで読んでいただきありがとうございました!
次回もよろしくお願い致します!

合宿7日目

こんにちは。

運営サポーターの酒井です。

トップの写真は楡井優希(にれいゆうき)くんです。さらっと気遣いのできるイケメン君です。

IMG_20140910_225609

 

 

今日は開発3日目!

そして、未明から早朝に掛けて、Apple社の発表がありました!!

昨日からみんなそわそわしながら発表の話題で持ち切りでした。 徹夜組も多いだろうなーと、思っていましたが、案の定今朝は参加者だけでなく運営スタッフも(!?) 少し眠そうな人がちらほら…

それでも朝から会場のホワイトボードにまとめを書き出したり、語り合ったりしている姿はとても楽しそうで生き生きしていました!

2014-09-10 10.11.00  2014-09-10 15.09.09

今日は一日制作作業に費やしました。

各チームから簡単な進捗報告と意気込みを聞いてみました!

まずは、チーム「三度の飯よりiPad」

”調子いいです! がんばります☆”

2014-09-10 20.23.51

 

続いて、チーム「すいふと!」

”後は内部的な処理をしたら完成!” とのこと!!

さらに、チームの仲はどうですか? と質問したところ

”仲、いいです(^o^)☆” と笑顔で答えてくれました。 進捗も、チーム仲も良好なようで何よりです。

( 写真  左:楡井くん  右:吉田くん  中央:岡本くん(メンター))

2014-09-08 16.33.29

 

最後に、チーム「青森」

”あとは社長(泰斗くん)の頑張り次第です! 明日への課題を少し残してとりあえず寝て、ブラッシュアップして!って感じですね。 がんばります☆”

日を重ねる毎に最年少、泰斗くん(15)のキャラも磨き上げられてきているようです☆

 

 

最終日のプレゼンを前にあまり詳しい紹介は出来ませんが、各チーム順調な様子です。

制作期間あと1日と少し!

参加者の皆さんは体調にも気を付けながら、がんばりましょう!

合宿6日目

こんにちは。

合宿サポーターの酒井です。

トップの写真は、吉田純平(よしだじゅんぺい)くんです。

とっても優しくて、周りの人を穏やかな気持ちにさせてくれます(^^

8R6A5152

 

いよいよ合宿も折り返し!!

この会津Swift合宿も6日目となりました。 といっても、制作期間としてはまだ2日目!!あと2日半の制作時間とプレゼン準備、そして最終日には発表会があります。

 

今日はデザイニウムの社員さんの山川さんが来て下さいました。 テーマは…

『学生時代にやっておいたらいい(かもしれない)3つの事』 〜 If I were a student, I would … 〜

• 好きなものを作ろう

• 仲間を持とう(環境)

• インターンシップを踏み台にしてしまえ!

 

この3つを柱に、なぜそう考えるのか、どのような利点があるのかについて話して下さいました。学生の私たちにとってはとても参考になるお話で、参加者の皆さんも真剣に聴き入っている様子でした。

また、終了後には山川さんが各チームの様子を聞いて、アドバイスをしてくださいました。

2014-09-09 14.16.38  2014-09-09 13.57.31

 

きのこ派の人ーー (•ω•)ノ?         なんとなくほのぼのするチーム青森

20140909_144035_66   DSC_0532

 

午後は夕食を取った後、また開発、開発でした!

 

真剣な表情!!              和やかな空気がみられる場面も(^^)

DSC_0537          DSC_0535

 

私たちはアイデアの出し方や開発までの過程、地域を変えようという視点やその地域の抱える問題•実情を知ることなど、Swiftの技術だけではなく様々なことを学んで頂きたいと思い、この合宿を企画しています。

 

社員さんのお話を含め、参加者の皆さんには参加して良かったなと、感じて頂けたら幸いです。そして、各チームがそれぞれ納得の出来になるよう、メンター含め運営スタッフも陰ながらサポートしていきます!

 

 

合宿5日目

こんばんは。

合宿サポーターの村木です。

 

今日から制作です。

真剣な表情でりんごマークを光らせてます。

2014-09-08 19.34.55

 

 

昨日発表までできなかったチーム「石坂 x 泰斗ペア」

「青森」

彼らの企画が決定しました!

2014-09-08 13.22.23

泰斗くん(左), 石坂くん(右)

内容を軽くご紹介

概要は、会津にある漆器を教える学校に通う研修生を支援するアプリです。蒔絵体験で職人さんとお話して後継者が少ないことを学び後継者を世にもっと出したい!という思いが詰まってます。

制作は午後から始まり不安もありましたが、進捗はいいようです!

 

目標を見失ってしまっては自分達が作りたいものとは離れてしまうので、

開発を始めて迷ってしまったらまず、

目標であるなぜという部分を思い出すことが大事ですね。

 

そしてそして!

今日は昨日までハッカソンに参加していたメンター

岡本さんが戻ってきました!!

早々に合宿参加者は質問してさらに頑張ってます!

和気藹々と楽しく作業している場面も見受けられました。

2014-09-08 16.31.43

煮干しに焦点が当たっていても岡本さんの笑顔、素敵ですね。

 

合間にメンター田中くんが笑顔で落書き。。。

まず、Swift……
2014-09-08 21.09.39

 

V.S   Twi……

 

 

2014-09-08 21.14.33

Swift V.S. Java

 

田中くんの画力、大公開でした!

 

それぞれチームの進捗状況に少し差が出始めるころかと思ったのですが、

大きく開いてはいないので、焦らずしっかり進めていってほしいです!

 

座りっぱなしは駄目。

息が詰まったら外に出かけて体を動かすと脳が活性化して思わぬいい発想が…!!!

なんてことも。笑

 

出来上がりを楽しみに毎日進捗を聞いていこうと思います。

 

そして最後には「はえー!!もう時間か。」という声が。

それだけ集中して制作していたんですね。

制作は日に日に疲れが出てくると思うのでそのあたりのサポートも頑張ります!!

 

合宿4日目

DSCN0978 のコピー 3
土下座

こんにちは、サポーターの永山です。
今回のトップ画像は、佐野成(さの せい)くんです。とてもユーモアがあり、合宿のムードメーカーです!
そんな佐野くん。。。今日は遅刻してしまい パシャリッ!!笑

遅刻するのも無理はないです。今日9月7日は本来はスケジュール上では、

お休みの予定だったのですが・・・

昨日行なうはずであったアプリの企画発表を行なうため、みんなに会社に集まってもらうことになりました。(みなさん、なんて心が広いのでしょう!感動)

1. アプリの企画発表

3チームそれぞれアプリのアイディア出しの結果、チームごとに決めたアプリの企画を軽くプレゼンテーションしてらいました。ここでは、企画発表の様子を少し紹介します。

では、最初は「楡井 x 吉田ペア」の企画発表です。チーム名は

「すいふと!」

だそうです。ふむふむ。(イイネ!)

発表ちーむ2コピー

次のチームは「佐野 x 大森ぺア」です。えーこのチーム名は

「三度の飯よりiPad」

です。名前から最優秀チームに贈られる賞品のiPad がとにかく欲しい気持ちが伝わってきます笑

チーム1

最後のチームは、「石坂 x 泰斗ペア」です。チーム名は

「青森」

です(リンゴ好きなんだろうか?)。実はチーム青森は大変アイディア出しに苦戦していてアプリは未だ決定していませんでしたが、どんな年層の人をターゲットにしたいのか、どのようなアプリにしたいのか内容を明確に話してくれました。

チーム3

チームの今後開発して実装していくアプリの企画説明はとても重要なことです。企画を発表している中で「今の説明どういう意味?」と質問が出る場面がありました。聞いている立場の人に自分たちのアプリの方向性、ポイントとしていること分かりやすく伝える大切さを感じた参加者が中には居たでしょう。

 

 

2. アプリの内容を軽く軽く紹介

※ここでご理解して頂きたいのがアプリ内容の紹介を全てしてしまうと最終日の成果発表(9月13日)がつまらくなりそうなので、アプリの具体的内容の公表はさけたいと思います。

 

まず、チーム「すいふと!」の紹介です。アプリ名はおいおい決めるそうです。(なんだって!?笑)

すいふと

アプリの概要はざくっと説明すると「会津伝統工芸の一つ漆器塗り」の認知度をあげる。そして、私たちに漆器を間接的に触れることできる機会を提供してくれるアプリです。このアプリで伝統工芸、職人との距離を確実に近づけてくれるでしょう!(ざくっとしすぎて、すいません!)

 

次、チーム「三度の飯よりiPad」のアプリ名「べこxトレ」(仮)

三度のめし

メンバーの佐野くん、大森くんは合宿の3日間で会津に沢山の良い場所を見たり、生で蒔絵体験をすることで会津の良さを改めて知りました。作成するアプリの対象者は、主に旅行者、修学旅行者に向けています。会津に足を運ばないと意味がないアプリで会津の良さを直接感じることができるような企画内容でした!アイディア出しが早めに終わり、既に開発に取りかかっており成果が楽しみです!!

 

最後にアイディア出しに苦戦しているチーム「青森」。なにかアドバイスが欲しい。助っ人が必要だ。

えっと、浅井さんがきてくれましたー!

青森
泰斗くん(左)、浅井さん(真ん中)、石坂くん(右)

※ 浅井さんは、デザイニウムの部長。今日は日曜日です。つまり僕たちは社員の休日を奪ったとうことです。来てくれありがとうございます。

助っ人の浅井さんはチーム青森にアイディア出しのコツをアドバイスをしてくれました。また、アプリのアイディア出しをしっかりとしていないとアプリの目的が明確でなくなる→開発をして行く上で問題が発生した時に明確化した目的がないため解決ができない。というような、アイディア出しの大切さ、チームで行なう上での開発に関するノウハウを提供してくれました。参加者には素晴らしい時間を過ごす事ができたのではないでしょうか。

4日目の合宿は、今後に活かすことが出来るであろう経験、ノウハウを知る機会など多かったと感じました。今後も参加者に有意義な時間を過ごせるようサポート一同も明日も頑張ります!